自然と生活

手入れ方法

DIYの延長線上にあるログハウスの手入れを楽しむ

DIYは現代の一つのトレンドであり、自宅で使う家具や雑貨の材料を手配して自分で作ってしまうことです。
自分で作ったものを使って生活することへの憧れがだんだんと広まっていることを象徴しているのがDIYというキーワードであり、その延長線上にあるのがログハウスです。
基本的には丸太などの木材を組み合わせただけで作ることができる簡素な小屋であり、自然の中で暮らすという観点からすると魅力に溢れています。
設計や建築を業者に依頼することもできますが、体力と道具があれば自分で建てることもできます。
ログハウスを別荘として暮らすのもまた人生を楽しむ道の一つとして考慮するとよいでしょう。
その際には手入れについても考慮しなければなりませんが、これもDIYの延長です。
基本的には外壁や屋根の補修や塗装が手入れとして必要ですが、ログハウスに住んでいて住みづらいと思ったら手を加えればよいものであり、義務的に行うべきものではありません。
住みやすいように自由に手入れをすれば快適に住めるというだけなのです。

ログハウスの手入れ方法について

建物が完成した後も、木が呼吸をしているログハウスでは適度な手入れが必要とされています。
メンテナンスは面倒だと思うのではなく、楽しみながらメンテナンスをすることが大切です。
お気に入りの道具に手を加えるのと同じように、愛着がわいてきます。
手入れの一つに大切なのが、再塗装です。
初回は2、3年後、その後は5年から10年後を目安に塗装を行います。
ログ壁の凹凸部分にたまった土誇りや汚れは、洗浄から行います。
ブラッシングをするときには、木目に沿うようにしてログの表面を傷めないように軽く行います。
塗装は、塗料が垂れてきても大丈夫なように、上から下に行うことが基本で、2度ぬりをすることによって、色むらができず仕上がりが奇麗になります。
柱などは年月が経っても長さはほとんど変わりません。
建具も問題があればメンテナンスをするようにし、階段はログ壁が沈むと2階の床も沈んでいくので、沈みの程度に応じて階段下にある高さ調整用の板を外すようにします。

check

はちみつ漬け梅干し

2017/8/24 更新

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

Copyright(C) 2015 自然と生活. All rights reserved.